会社案内

2018年12月29日

嘲笑

ビートたけしさんが39歳の時に出版したKID RETURNという詩集の古本を手に入れて読んでみました。なるほど、玉置浩二さんがメロディをつけて曲を作ってしまった訳の一端が見えたような気がします。大人が知らず識らず手放してしまう感性がいっぱい詰まった玉手箱。

IMG_5531.JPG





posted by silkmilk at 18:13| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月28日

鍋こわし

人情味豊かな街の風情あふれる店で久しぶりのカジカ鍋で忘年会。東京一と評判のこの店は鍋がいくつあっても足りないだろうと心配になります。(カジカ鍋はあまりの美味しさにスープの最後の一滴、具の最後の切れ端まで食べようと客が鍋をつついて壊してしまう例えから「鍋こわし」の異名があります)

IMG_5545.JPG


IMG_5552.JPG





posted by silkmilk at 18:19| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月27日

巡り合い

日経新聞のレンズ交換式カメラシェアによると1位がキャノン(49.1%)2位がニコン(24.9%)で、写真を撮りに出かけると確かにこの2社のカメラを使っている人によく出くわします。自分はデザインのカッコよさ優先で選んだFUJIFILM製を使っていますがシェアは僅か4.4%。どうりで同じカメラを持っている人に出会ったことがないはず。今年その愛機で撮った写真からお気に入りの4枚をチョイスしてみました。いずれもJpeg撮って出し(無加工)。最後の万灯船は狙った構図がうまくいったものですが、他は全て天候と光に恵まれた偶然の産物。改めて振り返ると、趣味の域で楽しむ写真は腕が1割、その偶然に巡り会えるかが9割という気がします。

DSCF1275.jpg


DSCF6625_dev.jpg


DSCF7314_y.jpg


DSCF5945.jpg


DSCF6048.jpg





posted by silkmilk at 18:09| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月26日

30年の集大成

押し花といえば小学生の時に厚い本に挟んで作った、どこか寂しげな姿を思い出しますが、活き活きと美しく生の音楽のように胸を打つ押し花を作るのが、その道30年の杉野宣雄さん。テーマの表現方法や構図、カラーリングのセンスと長い創作の歴史が伝わってくる作品たちに圧倒されました。植物を退色させずに自然そのままの発色で押し花にする技法は杉野さん独自のものだそうです。「Friends are the flowers in the garden of life」創作の源にあるエッセンスの段階から深く感動してしまいした。

DSCF1244.jpg


IMG_5505.jpg






posted by silkmilk at 17:36| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月22日

pre-Xmas

今年亡くなった友人達を偲び、2018年の新しい出会いに感謝してpre-Xmasを森と湖と光の世界で。埼玉県の宮沢湖にて。

DSCF8011.jpg


7929.jpg


DSCF8024.jpg






posted by silkmilk at 20:32| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月13日

ラバーの貼り替え

卓球のラバーを貼り替えたら、オマケに伊藤美誠選手のサインボールを頂きました。昔は日本式ペンホルダーのラケットが主流でラバーは2000円前後、貼り替え頻度は1年に1回くらいだったと記憶しています。今はほとんどの人がシェイクハンドラケットを使い(両面に貼るので×2)、メーカーは3ヶ月程度で貼り替えを推奨(×4)、価格は6000円くらい(×3)なので、卓球人口は別として単純計算するとラバーの売上は昔の24倍。Tリーグも始まって卓球用具メーカーにとっては景気の良い時代になってきたのではないでしょうか。ところで卓球選手のサインはラケットケースやユニフォームにするのが一般的ですが、もしピンポン球の小さな球面に直接サインをするならロットリングが必要になりますね。


DSCF7917.jpg





posted by silkmilk at 17:41| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月05日

今年も師走

毎年この時期に思うのですが、同じ半年でも前半と後半では時間の長さが違うのではないかと。ついこの前まで暑い暑いと言っていたのに、加速するように時間が流れて気がつけばもう師走。早々とXmasの飾り付けを施すお店が多い中で、平常と変わらない姿で営業しているお店に入ると、「今年はまだ1ヶ月もある」と、どこかホッとした気分になります。

DSCF1148.jpg


DSCF1158.jpg


DSCF1161.jpg


DSCF1165.jpg





posted by silkmilk at 19:06| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月02日

人魚の眠る家

東野圭吾作品は映像を観るより活字で読む方が好きですが、本作は映画で観るのもおすすめです。隣でずっとすすり泣きしてる人がいたので、こちらの涙腺も危うくなりました。そう言えば、主演の篠原涼子は先週足を運んだ桐生市の出身。素朴で程よく地味な雰囲気に、桐生の街のイメージが重なりました。

名称未設定-1.jpg





posted by silkmilk at 19:21| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年12月01日

平林寺の紅葉

紅葉の名所、平林寺。入り口の枯れた樹々を見て、今年はタイミングを誤ったかと思いましたが、杞憂でした。境内を進めば、そこは万華鏡のような別世界。

S_DSCF7709.jpg


s_DSCF7674.jpg


S_DSCF7648.jpg






posted by silkmilk at 22:35| 雨上がりの日記/社長ブログ

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ