会社案内

2016年10月03日

入金真綿の掛け布団


入金真綿の掛け布団の需要期になりました。入金は「いりきん」と読み、お金がざくざく入ってきそうな縁起の良い響きですが、買い手が競って代金前払いで何とか入手しようとした極上品、それが名前の由来です。お湯につけた国産極上繭を手作業でハンカチ大に引き伸ばし、それをミルフィーユのように500枚ほど重ねて層をつくり、やはり国産極上絹を桑の実を煮出した染料につけて風合いを出したカバーに収めて出来上がるハンドメイドの逸品です。この極上品質の布団は高級百貨店でもなかなか入手できませんが、仮に販売されても1枚50万円は下らない値段がつきます。明治より100年以上シルクに携わる歴史が成せる弊社の極上の品に、全国のお客様から特注のご用命をいただいています。今日は鹿児島のお客様からのご注文分を出荷。涼しさが寒さに変わるこれからの季節、この品が上質な睡眠のお伴となることをお約束します。


DSCF7912.jpg


DSCF7935.jpg


DSCF7947.jpg






posted by silkmilk at 18:02| 雨上がりの日記/社長ブログ

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ