会社案内

2017年01月14日

本能寺ホテル

史実として伝わっている話には歴史上の勝者の都合で作られたものが多いと聞きます。裏切者・謀反人のレッテルを貼られた人物の子孫にしてみれば、汚名返上とばかりに真実を解き明かしたくもなるでしょう。今週読んだ「本能寺の変・431年目の真実」は光秀の末裔、明智憲三郎氏が事件を担当する刑事のように過去を追跡捜査して著した本です。半世紀近く前の天気まで調べて史実の矛盾を突こうとする執念には感心しますが、秀吉が編纂させた『惟任退治記』を前半で信用ならぬとしたのに、後半では光秀擁護の材料に使うなど、結論ありきの力業的な箇所があり読み進めるのが辛い本でした。今日は「本能寺ホテル」の初日を鑑賞。実は蘭丸が黒幕だったとか映画ならではの筋書きを期待しましたが、やっぱり「定番」通りの展開で退屈でした。綾瀬はるかの天然ぶりMAXの面白さが無ければ寝てしまったかも知れません。

DSCF1020.JPG


news_header_honnojihotel_20161105_01.jpg






posted by silkmilk at 17:30| 雨上がりの日記/社長ブログ

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ