会社案内

2018年06月20日

単焦点マクロレンズで

紫陽花が色気を放つのは雨の日。やっぱりこの花は濡れてこその梅雨の風物。

DSCF4171.jpg


DSCF4138.jpg


DSCF4147.jpg


DSCF4110.jpg





posted by silkmilk at 21:09| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月17日

三宝寺池のカワセミ

三宝寺池でカワセミの撮影に挑戦。今日は、待つこと約1時間、いつもの止まり木ではなく、草むらの所に着地したタイミングで、夢中でシャッターを切りました。写真で改めて見ると、実にオシャレなブルーをまとっていますね。

SCF3854_V.jpg


SCF3861_V.jpg




posted by silkmilk at 22:09| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月14日

セパ交流戦@西武球場

「清原くん、この球場でプレーできるんだよ」1985ドラフトで讀賣の策謀の犠牲になった清原選手に入団を決意させるために、堤オーナーがこう説得したという西武球場。早大の池原研究室の手による、丘陵の立地を活かした設計が素晴らしい。今日は望遠ズームに代えて単焦点18mmの広角レンズでワイドに撮影してみました。

DSCF3810.jpg





posted by silkmilk at 22:01| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月08日

燕の野球小僧

NPBで「野球小僧」の名前が一番はまるのはこの人ではないでしょうか。スワローズの雄平選手。150q左腕として東北高校からドラ1で入団。通算18勝をあげるも途中で野手に転向し、今は強肩強打の外野手として活躍しています。根っから野球が好きなんだなど感じる笑顔がいつも印象的です。8連勝を目指しオリックス戦@神宮球場。

DSCF3784.jpg


DSCF3764.jpg


DSCF3770.jpg


DSCF3777.jpg







posted by silkmilk at 22:01| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月05日

企画倒れ

土曜日に鎌倉で撮った写真のうち、自分で佳作と評価したカットを数枚。1枚目は風鈴の向こうにやって来る電車を入れた構図を狙いました。踏切音を聞きながら、いまかいまかと待ちながら、いざシュート。結果はがっかり。江ノ電が来れば絵になったのにJRの踏切でした。いわゆる企画倒れというやつですね。

DSCF3600.jpg


SCF3673.jpg


DSCF3617.jpg






posted by silkmilk at 18:58| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月04日

Essence of Silk Vol.1

昨年より実施している会社の周年施策の一環で制作した冊子の第1号が完成しました。全国から公募し選ばれたミスSILKISTが表紙を飾り、「紡ぎ人・訪問」の取材記事や、準ミスのお散歩写真日記、シルクの商標ものがたりなど全8ページで構成されています。今月よりシルク製品のお客様にお届けして参ります。冊子はアニバーサリー特設サイトでeBOOKでもご覧頂けます。

DSCF3594.jpg





posted by silkmilk at 09:11| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年06月02日

鎌倉の三寺巡り

単焦点レンズ2本を持って鎌倉の寿福寺、英勝寺、海蔵寺の三寺巡り。梅雨入り前の草花のいきいきとしたこと。

SCF3615.jpg


SCF3643.jpg


SCF3619.jpg


SCF3685.jpg


SCF3646.jpg


SCF3679.jpg





posted by silkmilk at 21:46| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月27日

燕の人気者

休日大入りの神宮球場。スワローズで山田哲人と人気を二分する坂口智隆選手。現在セリーグ首位打者争い中。攻守走三拍子揃ったこのクラスの選手をトレードで獲ろうとすれば、最低でも10勝級のローテピッチャーが必要でしょうが、何と自由契約後を拾う形で入団。放出したオリックスはさぞや後悔していることでしょう。

DSCF3412.jpg


DSCF3469.jpg


DSCF3478.jpg


DSCF3480.jpg





posted by silkmilk at 21:23| 雨上がりの日記/社長ブログ

休日の石神井池

三宝寺池からの帰り道、隣接する石神井池の休日の主役はマニアの方が操るラジコン船。カップルでボートに乗っているとラジコン船が近づいてきてBGMを鳴らしてくれるという粋な方々が、自慢のラジコン船を池に浮かべて技を競います。MTBで江古田に戻り最近オープンした「さとう」でランチタイム。福島産の野菜を添えた半生バーガーは超オススメ。江古田にはもったいないような素敵な店です。

DSCF3380.jpg


DSCF3397.jpg


DSCF3385.jpg






posted by silkmilk at 21:01| 雨上がりの日記/社長ブログ

三宝寺池のカワセミ

三宝寺池でひたすらカワセミを狙う。とまり木に現れるのを待つこと1時間、ようやくシャッターを切ることができました。本格的な釣りはやったことがありませんが、おそらく釣り人の気分というは、こんなものなのでしょう。

DSCF3339.jpg


DSCF3332.jpg






posted by silkmilk at 15:55| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月19日

ワールド・ローズ・カーペット

先日購入したカールツァイス製レンズのデビュー戦で西武球場に足を運びました。被写体は野球ではなく、TOKYOインフィオラータ2018のファイナルイベントとして開催中のワールド・ローズ・カーペット。大きな花絵は12mmの広角レンズを試すのにもってこいで、ワイドな花絵を画角に収めることができました。

DSCF3163.jpg


DSCF3186.jpg


DSCF3180.jpg


DSCF3169.jpg





posted by silkmilk at 19:18| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月17日

お好み焼きとレモン

出張の楽しみのひとつが現地での食事。昨日までの三日間、大阪と広島で色々と食しました。一番美味しかったのは、広島のお好み焼き。こじゃれたレストランより、街中の普通の店のメニューに土地の味を感じます。自宅用のおみやげ選びは瀬戸内のレモンもので。国内のレモンの収穫量の63%が広島産だそうです。

IMG_2062.JPG


IMG_2066.JPG


IMG_2064.JPG





posted by silkmilk at 08:45| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月15日

お笑いの街

昨日は大阪、明日は広島で取材の仕事。一旦東京に帰り出直すと交通費がかさむので、大阪ステイの一日。大阪と言えばお笑いという事で、なんばグランド花月に。初めてのお笑いライブ体験となりました。平日の日中というのに会場は満員。大阪のお笑い人気の高さが窺えます。テレビでもおなじみの芸人さんたちの中で、一際目立ったのが、大トリの中田カウス・ボタンのベテランコンビ。ネタの面白さだけでなく、間の取り方とリズムが絶妙で、他の芸人さんより頭一つ抜けて爆笑の渦でした。

IMG_2033.JPG


IMG_2034のコピー.jpg





posted by silkmilk at 21:37| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月11日

真空管アンプが復活

故障してしまった20年ほど愛用の真空管アンプが修理から戻ってきました。今の電化製品の部品保存期間は大体8年なので、20年も使った製品なら修理を依頼しても、けんもほろろに断られるのが常ですが、親切に対応してくれたメーカーに感謝です。いわゆるHi-Fiサウンドではありませんが、長く聴いても疲れないあたたかい音は、真空管ならではのものです。

IMG_2013.JPG


IMG_2017.JPG


IMG_2014.JPG





posted by silkmilk at 19:48| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月04日

再び払沢の滝に

東京都(島を除く)唯一の村、檜原村にある払沢の滝を再訪しました。滝全体の美しさと、滝壺に近づけくためのアクセスの容易性を考慮してパフォーマンスを割り出した時に、自分の中では上位にランクされる名瀑です。ミストを浴びながら、のんびりと過ごす心地よさがクセになります。

DSCF2962.jpg


DSCF3030.jpg


DSCF3146.jpg





posted by silkmilk at 22:52| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月29日

富士の白糸の滝

GWの二日目、世界遺産「富士」を構成する白糸の滝に出かけました。これまで、白糸の滝と言うと軽井沢の滝を思い浮かべていましたが、今日を境に富士にある滝がその代表という想いに改まりました。高さは20mと小ぶりながら、幅が何と200m。どちらかと言うと、空を見上げるような高さからズドンと落ちて来るダイナミックな滝が好みですが、絹糸を何本も垂らしたような、ワイドなこの滝も実に見事な景観でした。昔、頼朝はこんな歌を詠んだそうです。「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝」。

F2848.jpg


F2904.jpg


F2950.jpg





posted by silkmilk at 22:07| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月10日

威風堂々

玉置さんがオーケストラをバックに歌うようになってから早四年。クラシックホールでのコンサートがもう特別なものに感じなくなりました。第2部の頭に演奏されたエルガーのこの曲のごとく、今夜も玉置さんは「威風堂々」。玉置浩二プレミアムシンフォニックTHE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL@東京文化会館大ホール。


IMG_1637.jpg


IMG_1643.JPG


IMG_1654.jpg


IMG_1645.JPG





posted by silkmilk at 23:15| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月07日

京都の休日・圓光寺と詩仙堂

覚悟はしていたものの、京都の街の観光客の多いこと。通りを歩いていてもバスに乗っても、聞こえるのは英語とフランス語と中国語。ところが、同じ京都にいるとは思えないような、ほぼ貸し切り状態で見事な新緑と枝垂れ桜を楽しめる場所がありました。ミスSILKISTの松浦さんに案内して頂いた圓光寺と詩仙堂。静寂に心を研ぎ澄ませ、素晴らしい美の世界を堪能することができました。

DSCF2559.jpg


DSCF2572.jpg


DSCF2579.jpg


DSCF2530.jpg


DSCF2580.jpg


DSCF2586.jpg


DSCF2589.jpg





posted by silkmilk at 23:59| 雨上がりの日記/社長ブログ

京都の休日・茂庵

京都大学の少し先にある吉田神社の階段と山道を登り、こんな所に店があるのかと不安になる頃にひっそりと現れるのが、四方を新緑に囲まれ京都の街を一望できる「茂庵」。地元でも知る人ぞ知る隠れ家的な店だそうです。テーブルの天面に映った新緑を狙ってシャッターを切ったら偶然、窓の桟がまっすぐに映り込んで不思議な絵をつくってくれました。(3枚目の写真)

DSCF2470.jpg


DSCF2485.jpg


DSCF2488.jpg





posted by silkmilk at 23:35| 雨上がりの日記/社長ブログ

勝てば官軍

蛤御門の変の戦闘の跡が生々しい京都御所。天皇が居住するここに砲弾を放った長州が官軍という事に歴史の歪を感じます。歴史物のテレビドラマなどを観て想像していたより、はるかに広大な敷地に驚きました。

DSCF2444.jpg


DSCF2445.jpg


DSCF2456.jpg





posted by silkmilk at 23:24| 雨上がりの日記/社長ブログ