会社案内

2012年10月23日

「新茶の紅茶」セカンドフラッシュティー入荷!

■今年2012年の夏に摘み取った茶葉を完全発酵させたセカンドフラッシュの新茶が本日入荷、販売を開始しました。

「新茶の紅茶」が本物の紅茶と呼ばれる理由は、下記のブログをお読み下さい。
●新茶の紅茶のお話1  
●新茶の紅茶のお話2  
●新茶の紅茶のお話3  

■さて、新茶の紅茶を販売しているGANESHさんの本物へのこだわりがカタチになった商品は、紅茶以外にもいくつかあります。ひとつは「手づくりジャム」。ペクチンを入れずに果実と砂糖だけで作ったジャムで、新鮮な果実を食べるようなフレッシュな食感が楽しめます。そしてもうひとつが「アンズアンズ・ケーキ」。北海道産の小麦粉と、薬剤を一切加えずに作った自家製飼料で育った蔵王山麓の放し飼いの地鶏の卵が原料。甘煮の干しアンズ、ラム酒に付けたレーズンとカリカリのくるみがぎゅっと詰まって、少し苦めのコーヒーのお供に食べると最高!市販のフルーツケーキではなかなか出会えない豊かな風味を楽しめます。

R0017977.JPGR0017982.JPG



posted by silkmilk at 19:58| 紅茶のお話

2010年07月25日

新茶の紅茶「ファーストフラッシュティー」が到着!

■漫画の「美味しんぼ」で「究極の紅茶」として紹介された、FTGFOPという最高等級のダージリンティー。「GANESH・新茶の紅茶」は、すでに20年近くもの間、沢山のリピーターの方に継続してお飲みいただいているFTGFOPグレードの本物の紅茶です。昨日より、4月摘み取りのもっとも新しいファーストフラッシュティーの販売を開始しました。たまに「4月摘み取りなのになぜ新茶なの?」というお問合せをいただきますが、紅茶は茶葉を完全発酵させるので、その期間とシッピング(輸送)を合わせると、ちょうど飲み頃の新茶の状態が今になるという訳です。デパートで売っているブランドものの紅茶のほとんどは、摘み取りから3年から5年も経過していますから、「新茶の紅茶」の摘み取りから4ヶ月という状態が、いかにフレッシュかお解りいただけると思います。そして、くず葉に近い劣等級の茶葉を豪華なデザインの缶に詰めて見せかけで売るマス型の紅茶の市場で、FTGFOPの最高等級のグレードの茶葉にはそうはお目にかかれません。香ばしく奥深い甘みは、高価な劣等茶葉を飲んでいた方には、腹が立つほど全く次元が違うものです。今回の茶葉はCASTLETON(キャッスルトン)茶園で栽培されたもので、口に含ませた瞬間にふわーっと紅茶本来のフルーティーな甘みが広がるファーストフラッシュならではの風味。この季節は何といってもアイスティーにして飲むのがおすすめ。白濁しない美味しいアイスティーのいれ方をご紹介しましょう。

●まずコップに氷を5、6個いれておきます。
●大きめのポットで水を沸騰させ、茶葉をいれたらすぐに火を消しジャンピングさせます。
●コップに氷を山盛りにしたコーヒードリッパーを乗せます。
●ポットの紅茶を糸をたらすようにドリッパーの氷にあてながら注いで出来上がり。

砂糖やガムシロップをいれるなんて絶対にあり得ない、茶葉本来の甘みが楽しめる美味しいアイスティーを、どうぞお試し下さい。


arrival0724.jpgR0012774.JPG

posted by silkmilk at 18:21| 紅茶のお話

2010年03月30日

新茶の紅茶・オータムナルティーが入荷しました!

■年3回の摘み取りの最後、11月摘み取りのオータムナルティーが入荷。本日より販売を開始させていただきました。今回のダージリンはRISHEEHAT(リシハット)茶園、アッサムはKHONGEA(コンゲア)茶園で摘み取った茶葉です。ダージリンはもちろん最高等級FTGFOP1のさらに上を行く極上手摘みのSFTGFOP1グレード!あの「美味しんぼ」で究極の紅茶として取り上げられた最高品質の茶葉です。そして、摘み取りから3年から5年も経過し、実は劣等葉を使っているブランドもの紅茶とはまったく次元の違う「新茶の紅茶」です。

■今回の紅茶は、やや深みがありながらも香ばしく芯のある風味。この紅茶を飲むと発酵させているという点は決定的に違いますが、元をたとれば紅茶と日本茶は同じ椿系の樹がルーツであることが解ります。「茶色いお湯」じゃなくて、ちゃんと「お茶」の風味がする紅茶って、意外と少ないんですね。ダージリンはストレートで、アッサムはミルクティーがおすすめなのは、今までの「新茶の紅茶」と同様です。インド政府公認コルカタオークション経由の正統な商品で、日本食品分析センターで検査済みの無農薬有機栽培の茶葉であることも、従来通り。20年以上かたくなに正直さと信頼性を守り続けている本当の美味しい紅茶を、ぜひお試し下さい。


TEA_BAG.jpgR0011850.JPG

posted by silkmilk at 23:07| 紅茶のお話

2009年11月03日

新茶の紅茶・セカンドフラッシュティーが入荷!

■正確な情報が伝わらず、いまだに良い品がお客様の手元に届かない残念なアイテムのひとつが「紅茶」です。商社マンなどでインドやスリランカに赴任したことがあり、本物の紅茶に明るい方が眉をひそめるのが、日本人の「アールグレイ信奉」。直営店を経営していた時に、よく気取ったおばさまが「私は紅茶は高級品しか飲まないの。アールグレイいただこうかしら。」と紅茶を買いに見えました。その度にこうご説明しました。「食べ物、飲み物はお客様によって好みも違いますから、他の品を強くおすすめはしません。ただ、アールグレイというのは、ストレートではお世辞にも美味しいと言えない劣等葉にベルガモットの香りを人工的に吹き付けたものですよ…。」

「新潟県南魚沼産こしひかりの新米」と「海外産の安い古々米でつくったケチャップライス」を同列では語れません。

■さて、新茶の紅茶のセカンドフラッシュティーが入荷、販売を開始しました。ダージリンとアッサムの2種類。ダージリンはもちろん、最高等級の「FTGFOPグレード」。さらにその中でも特上の特上を意味する末尾に「1」がつく「FTGFOP1グレード」です!漫画の「美味しんぼ」で海原雄山が究極の紅茶と認めたのが、正にこの紅茶です。ラベルだけでなく、缶を開ければ素性の良さは一目瞭然!缶の内側を指でなぞれば、指先にゴールドパウダーがたくさん付きます。そして所々に白く輝く茶葉も…。これは美味しんぼにも書かれている本物の紅茶だけがもつ特長。デパートで売っているイメージだけの高価なブランドもの紅茶では、まずお目にかかれません。

■今回の紅茶も、仙台に本社を置くGANESHの阿部耕也さんが吟味した実に香り高くすがすがしい自然の甘みを楽しめる茶葉です。インド政府公認のコルカタオークション(格別に高い品質の信頼できる紅茶が取引きされる所)経由、有機無農薬栽培、一缶ずつ茶葉の等級と摘み取り農園名・摘み取り時期を明記した保証書付き、良心的な価格、他のメーカーではまねのできない真面目な「本物の紅茶」をぜひお試しください。

>新茶の紅茶のお買い物ページはコチラ


arraival-1.jpg

R0013224.JPG

R0013206.JPG

posted by silkmilk at 12:11| 紅茶のお話

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ