会社案内

2010年06月15日

百論は一見にしかず

■今日は、午後から霞ヶ関につめて「健康食品フォーラム」を受講してきました。このフォーラムは、健康食品の普及・啓発を目的に、厚労省、農水省、文科省、消費者庁の4省庁の後援で開催されるもので、今回で20回目を迎えます。産・官・学の各界から迎えたゲストスピーカーの講演にパネルディスカッションを交え、びっしり5時間、大変参考になるお話を聞くことができました。中でも興味深かったのが、慶応義塾大学医学部で教授をされている坪田先生の記念講演。アンチエイジングに対するアプローチで、現在、エビデンス(科学的裏付け)があり、かつ実践できる理論がふたつあるとか。ひとつは「カロリーリストラクション」といって、低カロリー食を摂ること。動物実験で、カロリーを7割程度におさえることで老化を防止できることが証明されており、人での研究はまだ途中ながら同じ効果が期待できるそうです。そしてもうひとつは、「抗酸化」。活性酸素が細胞を傷付け老化を進めるので、抗酸化力を高めることがアンチエイジングの鍵になるという説。これはポピュラーな理論で何冊か関連する本も読んで知っていましたが、思わず身を乗り出してしまったのは、ラクトフェリンが強力な抗酸化作用をもっていて、先生自身もラクトフェリンを摂っているという話。ラクトフェリンの抗酸化力については「ミルクのチカラ」のページで詳しく解説していますが、先生は、薬品でなく食品であるラクトフェリンが非常に高い抗酸化力の数値を示していることが画期的だと強調していました。確かに薬品と違って副作用の心配がほとんどなく、森永乳業さんの製品のように化学品を使わずに牛乳から抽出した極めて自然な食品が優れた機能性をもっているということは、消費者の立場からすれば大変ありがたいことです。食品>薬品、こんな図式をもつ成分が他にもありそうですが、日本では薬事法の規制が有用な情報の流通を妨げている面があるので、一部の知る人だけしか恩恵を受け取れないケースが生じているのは残念なことです。それにしても、坪田先生、50代半ばとは思えない若さ。こういう方がアンチエイジングの話をすると説得力が違います!

0615_3.jpgR0012511.JPG

posted by silkmilk at 23:52| ラクトフェリンの話

2010年02月19日

プラスで快適!

■日本気象協会の予想によると、今年の花粉の飛散量は例年より少ないそうです。それでも毎年、鼻水と涙に苦しんでいる人は、どうやって煩わしい季節を乗り切ろうかと色々と対策をたてていることでしょう。以前の日記でも書きましたが、私の場合、ここ十数年、花粉症とはまったく無縁に過ごしています。決め手は「ユーカリ・ラディアータ」というエッセンシャルオイル(精油)。インハレーションといって、お風呂に入った時にボウルに熱いお湯をはってそこに精油をたらし、蒸気吸入をしています。入浴しながらリラックスして「ながら的」に出来るので、無理なく続けることが出来ています。それともうひとつ、花粉症のストッパーになっているのが、ラクトフェリン。ラクトフェリンがいかに優れた食品かは「ミルクのチカラ」のページで体験談をご紹介していますが、私が利用している森永乳業さんの「ラクトフェリン・プラスタイプ」には、ビフィズス菌も含まれていて、その数は1日分あたりで30億個!実はこのビフィズス菌が、花粉症退治のリリーフエース的な役割を果たしています。

■専門的な話になりますが、花粉症は、th1とth2という2つのヘルパーT細胞(免疫細胞)のバランスがくずれることで発症するそうです。th2が優位になるとヒスタミンという化学物質が皮膚や気道粘膜の細胞の表面にある鍵穴にひっつき、これを排除しようとして、くしゃみや目のカユミが引き起こされます。ビフィズス菌は腸内環境を整え、th2を活性化させる原因となる悪玉菌の増殖を抑えます。ヒスタミンの作用を一時的におさえるその場しのぎの花粉症治療薬と異なり、花粉症の原因を根本的に正してくれるので、効果が長続きしますし、体にもやさしいのでお薦めできます。ところで、写真に写っているマヌカハニーは喉のコンディション調整用に、かの天才ボーカリストに差し入れようと調達したものですが、この製品の+(プラス)マークも整腸などのはたらきを示すものだとか…。近々、ラクトフェリンと一緒に届けようと思います。


R0011554.JPGR0011560.JPG

posted by silkmilk at 11:51| ラクトフェリンの話

2010年02月05日

十徳サプリ

■「新しいお客様を獲得するためには、今いるお客様を維持する費用の5倍のコストがかかる。」これはバイ・ファイブの法則というマーケティングのセオリーです。商売と健康の話は同列では語れませんが、病気にかかってから治療に要するコストと、病気にならないように健康を保持するコストをくらべたら、一体どうなるのでしょうか。病気になった時の心理的苦痛や、仕事に支障をきたすことによるロスコストを加味すれば、おそらく、その差は5倍どころではないと思います。

■今日は、厚労省や文科省、消費者庁などの後援で開催された「健康食品フォーラム」という講演を受講してきました。1500人ほどの生活者に行ったサプリメントに対する意識調査によると、サプリメントを毎日利用している人は全体の30%近くにのぼり、時々利用、たまに利用する人を加えると、その数字は何と60%近くに跳ね上がるそうです。サプリメントを利用する目的では、やはりもっとも多かったのは「健康の維持増進のため」と答えた人。「健康貯金」という言葉もありますが、病気になる前に、健康を維持し病気を予防する毎日の努力を積み重ねることが大切で、その手段のひとつとしてサプリメントのチカラを借りる人が多いということでしょうか。健康維持以外には、「美容」、「美肌」、「抗加齢(アンチエイジング)」、「ダイエット」などの回答が並びますが、1種類のサプリメントでこれらをすべてカバーするのは難しく、かと言って何種類ものサプリメントを摂るのは、費用面も含めて簡単ではありません。そう考えると、免疫力を向上させて様々な効用が及ぶラクトフェリンが、いかに優れたサプリメントであるかが実感されます。「風邪をひかなくなった」「ドライアイが改善された」「歯周病が良くなった」「花粉症が楽になった」「肌のハリが戻った」「シミ・シワが目立たなくなった」「胴回りが減った」・・・ 身近な所だけでなく「ピロリ菌の減少」「大腸ポリープの進展抑制」など重篤なケースに到る瀬戸際でのはたらきまで、その効用は枚挙にいとまがありません。「母乳のチカラは偉大なり!」です。(ラクトフェリン=母乳に含まれるタンパク質成分)


R0011291.JPGR0011301.JPG

posted by silkmilk at 23:56| ラクトフェリンの話

2010年01月05日

元気の素

■タバコは一切吸わない、アルコールも昔のように浴びるような飲み方をやめて程々に、3食きちんと摂る、睡眠時間は7時間はキープ、週末は水泳やマウンテンバイクで体を動かす…。改めて自分の生活習慣を見直してみると、健康維持の面で及第点をつけられるかなと思います。それでも年齢を考えれば体の機能は間違いなく衰えていくはずなのですが、なぜか20代の頃と比べても、体力がさほど変わっていないような気がします。

■自分の元気の素、疲れ知らずで毎日過ごせる理由は何だろうと考えると、「病は気から」と言う通り、多分それは自分自身の健康に自信があるからだと思います。そしてその自信をつくっているのは前述した生活習慣、それと毎日食べているラクトフェリンです。ラクトフェリンについては「ミルクのチカラ」のページで詳しく紹介しているので詳細は割愛しますが、母乳に含まれるタンパク質成分で免疫力を活性化し健康を維持する驚くべきはたらきがあります。遠い昔、中国の皇帝が不老不死のために出産したばかりの女性の母乳を集めて飲んでいたという話もあるように、アンチエージングの分野でも注目されています。ビタミン剤に代表されるサプリメントはケミカルな薬をイメージさせるものが多いのですが、このラクトフェリンはミルクから抽出した極めて自然な食品なので、大の薬嫌いの私でも抵抗無く続けることができます。バランスのとれた食事と充分な睡眠、そして寝起きの根昆布水とラクトフェリン、今年もこれで元気いっぱい過ごしていこうと思います。


R0010576.JPGR0010604.JPG

posted by silkmilk at 23:40| ラクトフェリンの話

2009年11月01日

ミルクのチカラ

■すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、シルクミルクのサイトに「ミルクのチカラ」という新しいページを開設させていただきました。以前、この日記でも紹介したことがある「ラクトフェリン」というミルクから抽出した食品の情報ページです。ラクトフェリンはお母さんの初乳(最初に赤ちゃんに与える母乳)に多く含まれる成分で、免疫力を高める効果が注目されています。私事ですが、数年前からこのラクトフェリンを摂るようになってから、右肩上がりで体調が良く、日々快適で疲れや衰えをまったく感じません。お母さんの初乳成分ですから何となく体に良さそうですが、エビデンス(科学的根拠)を調べるほどに、なぜ体に有効にはたらくのかが解ります。

■「ミルクのチカラ」のページでは自分の体験談も含め、できるだけ解りやすい情報をご提供できるよう心掛けました。ラクトフェリンを無料でお試しいただけるように、メーカーさんへの取り次ぎサービスも行っております。お時間のある時に、ぜひアクセスしてみて下さい。


milk1101.jpg

posted by silkmilk at 18:07| ラクトフェリンの話

2009年09月30日

初乳のチカラ!ラクトフェリン

■小さい頃から薬が嫌いで、大人になってからもサプリメントの類いはずっと口にせずきましたが、数年前から注目して摂りいれているのが「ラクトフェリン」。ラクトフェリンとはお母さんの初乳(産後最初に出る母乳)に多く含まれている成分で、免疫力を高め、赤ちゃんを病気から守る大事な成分です。アンチケミカル=人間の摂理にそった天然成分である点と、エビデンス(健康面での科学的根拠)が整っている点を評価して続けています。

■シルクミルクでは初乳のチカラを大人の美容と健康、アンチエージングに活かしたラクトフェリン製品の有用な情報をみなさまにお届けすべく、新しい情報ページの準備をすすめています。10月中にはHPをリニューアルオープンする予定ですので、どうぞご期待ください。
(HPのタイトルなどが少しずつ変わっています。お気づきになりましたか?)


lf.JPG

posted by silkmilk at 08:19| ラクトフェリンの話

2009年05月16日

続・ミルクのチカラ

■いつも実年齢より一回り以上若く見られ、ここ数年、まったく病気知らずで快適な毎日をおくれる自分の健康を本当にありがたく思います。これといって特別な健康法を実践している訳ではありませんが、ひとつだけ続けているサプリメントがあります。

■元来の薬嫌いで、生まれてから薬というものを出来るだけ口にせずに過ごしてきましたが、体に作用するメカニズムに納得したのと「薬」ではなく安全な「食品」とうことで、数年前から摂りはじめたのが、以前この日記でもご紹介した「ラクトフェリン」です。

■外部からのウイルスなどの侵入やカラダの中で生じる異変に対して、自分自身の体がきちんと対処し解決するチカラ、つまり免疫力が健康の鍵になることは周知の通りですが、免疫力にはたらく細胞にもいくつかのタイプがあるそうです。その中で、T細胞やB細胞が異変が発生してから血液中に生成される(出遅れになることがある)のに対し、ナチュラルキラー細胞は常に体の中を巡回パトロールし、異変に気づくと即座に悪性物質を攻撃して被害を食い止めるそうです。

■ラクトフェリンはこの免疫力の切り札とも言うべきナチュラルキラー細胞を活性化することが解っていますので、すべての病気に有効、つまり根本的な健康づくりにチカラを発揮するというのは実に納得できる話です。お母さんの初乳(出産後、最初に赤ちゃんに与える母乳)にこのラクトフェリンがたくさん含まれているというのも、抵抗力の弱い赤ちゃんを病気から守る自然の摂理なのでしょう。

■ラクトフェリンはミルクからとれる成分だそうですので、私が愛用しているのは安心安全なミルクの専門会社、森永乳業さんの製品です。連日報道されている豚インフルエンザの対処法として「日頃から免疫力を高めておくことが大事」と医者や専門家がコメントしていますが、今のうちからラクトフェリンを摂っておくとよいかも知れません。


0516lf.jpg

posted by silkmilk at 11:25| ラクトフェリンの話

2008年09月09日

ミルクのチカラ

■シルクミルクでは、シルクとハーブの天然素材のはたらきで美容と健康にお役に立つ製品をお届けして
いますが、もうひとつ、みなさまにご紹介したいのが「ミルクのチカラ」の製品です。

■「細菌やウイルスに無防備な状態で生まれてきた赤ちゃんが、さまざまな悪玉菌にさらされても病気を
せずにスクスクと元気に育つのは何故?」という疑問から研究、発見されたのが、ラクトフェリンという
成分。赤ちゃんが生まれて初めて口にするお乳(ミルク)を「初乳」といいますが、この中にたくさんの
ラクトフェリンが含まれているそうです。

■健康成分について150冊以上の著書を書かれている薬学博士の久郷晴彦先生によると、人に有効に作用
する健康成分の条件として@免疫細胞(ナチュラルキラー細胞やマクロファージ)を活性化させる。
A抗酸化力がある。B抗菌力がある。C腸内を善玉菌優勢の状態に保つ。
この4つを定義していますが、これらすべてを満たしているのはラクトフェリンだけだそうです。

■いわば、健康への有効性のグランドスラムを達成している訳ですから、ガン予防、ピロリ菌除去
(胃潰瘍抑制)、C型慢性肝炎の症状緩和、歯周病予防、ドライアイ対策などさまざまな疾病に対する
ラクトフェリンの有効性が、大学の研究室や学術機関で立証されているのも頷けます。

■そして特に女性の方にお伝えしたいのが、ラクトフェリンの美容へのはたらき。免疫力を高め、酸化
(錆付き)を防ぎ、細菌に負けず、おなかを調子良く保つ、これらの成果は目に見えてお肌のみずみずしさ、美しさに現れます。シャワーを浴びた時の水滴のはじき具合が違うといいますから驚きです。内側から
キレイになるので、高価な化粧品を塗るよりも効果的かもしれません。

■私が知る限り、「本物」のラクトフェリンは高品質なミルク製品をつくっている森永乳業さんだけが
取り扱っています。詳しくお知りになりたい方は、このシルクミルクのサイトのお問合せフォ―ムから
お問い合わせ下さい。



m_lf_new.jpg

posted by silkmilk at 00:03| ラクトフェリンの話

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ