会社案内

2018年05月11日

真空管アンプが復活

故障してしまった20年ほど愛用の真空管アンプが修理から戻ってきました。今の電化製品の部品保存期間は大体8年なので、20年も使った製品なら修理を依頼しても、けんもほろろに断られるのが常ですが、親切に対応してくれたメーカーに感謝です。いわゆるHi-Fiサウンドではありませんが、長く聴いても疲れないあたたかい音は、真空管ならではのものです。

IMG_2013.JPG


IMG_2017.JPG


IMG_2014.JPG





posted by silkmilk at 19:48| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年05月04日

再び払沢の滝に

東京都(島を除く)唯一の村、檜原村にある払沢の滝を再訪しました。滝全体の美しさと、滝壺に近づけくためのアクセスの容易性を考慮してパフォーマンスを割り出した時に、自分の中では上位にランクされる名瀑です。ミストを浴びながら、のんびりと過ごす心地よさがクセになります。

DSCF2962.jpg


DSCF3030.jpg


DSCF3146.jpg





posted by silkmilk at 22:52| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月29日

富士の白糸の滝

GWの二日目、世界遺産「富士」を構成する白糸の滝に出かけました。これまで、白糸の滝と言うと軽井沢の滝を思い浮かべていましたが、今日を境に富士にある滝がその代表という想いに改まりました。高さは20mと小ぶりながら、幅が何と200m。どちらかと言うと、空を見上げるような高さからズドンと落ちて来るダイナミックな滝が好みですが、絹糸を何本も垂らしたような、ワイドなこの滝も実に見事な景観でした。昔、頼朝はこんな歌を詠んだそうです。「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝」。

F2848.jpg


F2904.jpg


F2950.jpg





posted by silkmilk at 22:07| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月10日

威風堂々

玉置さんがオーケストラをバックに歌うようになってから早四年。クラシックホールでのコンサートがもう特別なものに感じなくなりました。第2部の頭に演奏されたエルガーのこの曲のごとく、今夜も玉置さんは「威風堂々」。玉置浩二プレミアムシンフォニックTHE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL@東京文化会館大ホール。


IMG_1637.jpg


IMG_1643.JPG


IMG_1654.jpg


IMG_1645.JPG





posted by silkmilk at 23:15| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月07日

京都の休日・圓光寺と詩仙堂

覚悟はしていたものの、京都の街の観光客の多いこと。通りを歩いていてもバスに乗っても、聞こえるのは英語とフランス語と中国語。ところが、同じ京都にいるとは思えないような、ほぼ貸し切り状態で見事な新緑と枝垂れ桜を楽しめる場所がありました。ミスSILKISTの松浦さんに案内して頂いた圓光寺と詩仙堂。静寂に心を研ぎ澄ませ、素晴らしい美の世界を堪能することができました。

DSCF2559.jpg


DSCF2572.jpg


DSCF2579.jpg


DSCF2530.jpg


DSCF2580.jpg


DSCF2586.jpg


DSCF2589.jpg





posted by silkmilk at 23:59| 雨上がりの日記/社長ブログ

京都の休日・茂庵

京都大学の少し先にある吉田神社の階段と山道を登り、こんな所に店があるのかと不安になる頃にひっそりと現れるのが、四方を新緑に囲まれ京都の街を一望できる「茂庵」。地元でも知る人ぞ知る隠れ家的な店だそうです。テーブルの天面に映った新緑を狙ってシャッターを切ったら偶然、窓の桟がまっすぐに映り込んで不思議な絵をつくってくれました。(3枚目の写真)

DSCF2470.jpg


DSCF2485.jpg


DSCF2488.jpg





posted by silkmilk at 23:35| 雨上がりの日記/社長ブログ

勝てば官軍

蛤御門の変の戦闘の跡が生々しい京都御所。天皇が居住するここに砲弾を放った長州が官軍という事に歴史の歪を感じます。歴史物のテレビドラマなどを観て想像していたより、はるかに広大な敷地に驚きました。

DSCF2444.jpg


DSCF2445.jpg


DSCF2456.jpg





posted by silkmilk at 23:24| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月06日

健やかさを紡ぐ人

先日、会社の周年冊子・第1号の取材が終わったばかりですが、今日は第3号の取材で京都を訪れました。宇治川を渡り新緑が見事な坂の途中で耳を済ますと、琴の調べのようなせせらぎの音。「琴坂」と名付けられたこの坂を登りきった所にあるのが興聖寺。今回の取材はミスSILKISTの松浦愛子さんにお願いしました。このお寺で受付や広報関連のお仕事もしている松浦さんのご縁で、一般の参拝客は立ち入れない所まで見せて頂き恐縮。住職さんに精進料理についてお話を伺った後ということもあり、夕飯にいただいた「花の」さんのおばんざいが、とても優しい味に感じられました。

DSCF2424.jpg


DSCF2400.jpg


DSCF2387.jpg


DSCF2438.jpg





posted by silkmilk at 22:32| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月05日

美しさを紡ぐ人

先日、会社の周年施策の一環で制作している冊子「紡ぎ人訪問」のコーナーの取材で、目黒で手打ち蕎麦店を営む紫仙庵さんを訪ねました。昔、日本を代表するトップブランドの広告を手掛けるクリエイターだったご主人にとって、蕎麦打ちも美学であるという深いお話を頂きました。この冊子は5月に第一号を発行。第二号では剣道七段の佐賀の女流剣士、第三号では京都の禅寺の住職さんが登場します。シルク製品のお客様に配布する他、以下のWEB上でも5月中に公開させて頂きます。http://www.110-10.jp

F1958.jpg


F1819.jpg


F1879.jpg


F1966.jpg






posted by silkmilk at 20:29| 雨上がりの日記/社長ブログ

2018年04月01日

花とシルクの休日

曽祖父の起業より110年、SILKMILKブランドの立ち上げから10年のアニバーサリーが続くこの節目に、スペックを理解していただく既存の広告と並行して、シルクの価値を感じていただくブランディング施策を実施しています。桜満開の4月1日、花絵師の藤川靖彦氏がプロデュースするTOKYOインフィオラータの三軒茶屋会場で、シルクの3つの価値「美」「優」「健」を表現する素晴らしい花絵を作って頂きました。合わせて全国から公募し選ばれたミスSILKISTの授賞式も行い、三軒茶屋の皆様とふれあいの楽しいひと時を過ごさせて頂きました。ご協力を頂いたスタッフの方々とご来場頂いた参加者の皆様に感謝申し上げます。

020.jpg


21.jpg


41.jpg


60.jpg


52.jpg





posted by silkmilk at 20:23| 雨上がりの日記/社長ブログ

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ